アスペルガー(ASD)はこんな病気です

アスペルガー症候群(ASD)の特徴を知り上手く付き合う方法

私は大人になりアスペルガー症候群(ASD)と診断されました。

 

初めて知った時は驚き落ち込みましたが、色々勉強していくと過去から現在まで辛いと思っていた生活そのものが障害が原因だと知ったのです。

アスペルガーで悩む 

 

昔は男性のアスペルガーが殆どだったそうですが、現代では私のように女性の方にも増えてきたこの障害。

 

それなら上手く付き合っていく方法を考えてみようと決めました。

 

特に人とのコミュニケーションが円滑に出来ないのが特徴ですが、私に友達がいないのも、昔いじめられていたのも全て原因はここ。

 

もっと早くに知っていれば対処が出来たかもしれませんが、大人の発達障害を専門にしている医師が非常に少なく、また薬で治るという物ではありません。

 

 

アスペルガー症候群が苦手な事

 

相手の気持ちが理解出来なかったり、その場の空気が読めなかったり、同じ事を繰り返してしまったり・・・と、問題になるのはやはり人間関係

 

社会生活にとって必要不可欠なスキルが障害により苦手だからか、ストレスを感じてしまい二次障害と言われるうつ病や過呼吸、パニック障害など様々な精神的病を抱えている人も少なくありません。

 

気をつけましょうと医師に言われましたが気をつける部分そのものが分からない私には、本やインターネットそして自分の感情や過去を振り返りながら自分なりに改善出来る方法を探しています。

 

これから永遠に続く障害ですが、この機会にしっかりと自分を見つめようと考えています。

 

最近では夫や妻がアスペルガーで悩むカサンドラ症候群を抱えている方も増えてきました。

 

これもアスペルガーの考え方が上手く伴侶に伝わらず相手を悩ませてしまう事が問題になり、うつ病やパニック障害などの精神的な問題が多いようです。

 

人それぞれ悩みの形は異なるかもしれませんが、発達障害の中の自閉症スペクトラムと呼ばれるアスペルガー症候群を少しでも理解してもらえれば、色々な部分が少しずつ変わるかもしれません。

 

家族や同僚、友達や恋人など、どのような方がこの障害を抱えていても、ポイントが分かればイライラしたり悩む事も減るはず。

アスペルガーは脳の障害 

この障害は脳の障害なのでどうしても自分の力だけでは分からない事や気付かない事が多すぎてしまいます。

 

そのため相手の理解が必要になってしまうのですが、全てを甘えてしまうばかりではなく自分で出来るところは自分で努力し、周囲に理解してもらうところは理解してもらえるよう、積極的にアスペルガー症候群の問題や改善方法を伝えていきたいと思います。

アスペルガー症候群の人は視覚過敏を持つ人が少なくないのですが、この過敏さがあると太陽の光はもちろんの事、自宅の電球や灯りが気になる場合も少なくありません。

 

どうしてもアスペルガーの人にとって感覚が過敏になる場面は多いのですが、この視覚過敏があると様々な問題が生じてしまいます。

アスペルガー症候群の視覚過敏で眩しい

例えば・・・

 

雨の日に部屋が暗くなる、しかし電気をつけると眩しすぎる

 

暗いのも苦手なのですが明るすぎるのも苦手で、このような場合私は電気をつけない選択をするのですが、定型発達の人からすると暗すぎるのだそう。

 

他にも、運転している時に感じる太陽の光は誰もが眩しいと感じると思いますが、目が痛くなり運転を一次停止しなければならない事があります。

 

ちょっとした不具合なのですがこれがかなり生活するのに辛く感じてしまう事の一つなのです。

アスペルガー症候群(ASD)の人は味覚過敏がある事が少なくないのですが、この感覚が過敏だと食べられる物と食べられない物が極端で偏食と言われるような食べ方しか出来なくなってしまいます。

 

アスペルガーの私は自分では好き嫌いがあるとは思っていなかったのですが、大人になって自分の食べる物を考えるとかなり好き嫌いが激しい事を知りました。

アスペルガー症候群と味覚過敏

それを知ったのは外食をした時だったのですが、食べる物が毎回同じ。

 

新しい物にチャレンジするという考えなど一切なく、幼稚園の頃から通っている喫茶店でランチをする時は未だに同じ物しか食べる事がないのです。

アスペルガー症候群は大きなカテゴリにすると発達障害という枠に属します。

 

そしてアスペルガー症候群は現在では自閉症スペクトラムと呼ばれ、この中にはアスペルガーと自閉症が入っています。

 

因みに広汎性発達障害(PDD)と自閉症スペクトラムの違いですが、広汎性発達障害は以前に使われていた言葉で現在は自閉症スペクトラムと変更されています。

アスペルガーと発達障害とは

しかし現在でもどちらの診断名も使われているので混乱する事がありますが、基本的には同じだと考えてよいでしょう。

 

そしてこの大きなくくりの発達障害の中には

 

  • アスペルガー症候群(ASD)
  • 自閉症
  • 多動性注意欠陥障害(ADHD)
  • 注意欠陥障害(ADD)
  • 学習障害(LD障害)

 

があります。

 

学習障害だけは少し異なるのですが、それぞれの違いを書いてみたいと思います。

アスペルガー症候群彼や彼女と恋愛をしていても別れを迎えると、かなりキッパリと終わりを告げてしまうアスペルガーな人たち。

 

別れてしまった途端手のひらを返したかのような冷たい態度に悩んでいる定型発達の人も多いのではないでしょうか。

アスペルガーとの別れは復縁しにくい

これはアスペでも人それぞれなのですが・・・

 

アスペが一つの恋が終わりを迎えると、それまで一緒に過ごした時間が全て過去になってしまう人も少なくないのです。

アスペルガー症候群女性キレやすいという特徴があるのですが、今まで笑顔でいたのに突然怒り出す・・・

 

キレるには幾つかの理由があるのですが、考えている事と違った出来事があると上手く理解する事が出来ず怒るという表現をしてしまいやすいのです。

アスペルガーの女性はキレやすい

普段は温厚そうに見えるアスペの女性ですが、一度怒りが爆発すると収集がつかない事も。

 

何故そうなってしまうのか?を考えてみたいと思います。

アスペルガー症候群女性でも意見を曲げずかなり頑固な人が多いのですが、これは女性に限らず男性でも言えます。

 

自分なりの考え方を持っている事は悪い事ではないのですが、人の意見を聞き入れられないアスペルガーだからか、女性でも人と対立してしまう事があるのです。

アスペルガーの女性は自分の意見を曲げない

では何故自分の考え方を曲げる事が出来ないのでしょう?

不倫ドラマあなたのことはそれほど」、もしこれがアスペルガー症候群(ASD)だったら・・・

 

アスペルガーは不倫をするかしないか?と聞かれる事があるのですが、これはアスペだからという訳ではなく個々の問題。

 

定型発達の人でも浮気をする人もいればしない人もいる・・・そのような違いです。

不倫ドラマあなそれがアスペルガーなら

では、不倫ドラマあなたのことはそれほどの主人公、波留さん演じる主人公・渡辺美都がアスペだったらどうなるのでしょう?

 

そんな視点で考えてみたいと思います。

アスペルガー症候群(ASD)女性は表情が非常に乏しく顔に感情が表れないので何を考えているか分かりにくいと言われる事があります。

 

  • 嬉しいはずなのに笑わない
  • 腹が立っているはずなのに怒らない

 

まだ怒りの感情は出しやすいのですが、アスペルガーは滅多に笑顔にならない人が多いのです。

アスペルガーの女性は表情が乏しい

理由は簡単で、

 

嬉しいと思う観点が定型発達の人とは異なる部分が多いから。

アスペルガー症候群(ASD)の女性は大人になっても自分がアスペルガーだとは気づかない人が多いのですが、これは自分の考え方が変わっているとは思わないから。

 

子供の頃から人とは違うと気づいていても、それが変だとは思わず大人になってしまうからか、未だに気づいていない人も多いのです。

アスペルガーと気付かない

最近ではASDなどもテレビで知る機会が増えたので「もしかして?」と疑う人も増えたと思いますが、その殆どは二次障害や私のようなチック症など、他の原因が理由で精神科に行くと発達障害と診断される場合が多いのだそう。

 

また、この障害は周囲の方が何かおかしいと気づき病院に連れて行くというパターンも多く、特に小さな子供の場合は親が気づく場合が多いのではないでしょうか。

アスペルガー症候群な夫もしくは妻を持った定型発達の人は、ストレスからカサンドラ症候群になる事があります。

 

  • どうしてこの人は私の事を分かろうとしてくれないんだろう
  • この人と一緒にいてても寂しさばかり感じる
  • アスペルガーの人が何を考えているか分からない

アスペルガーの人にストレスを感じるカサンドラ

悩んでいる事をアスペルガーに伝えても、なかなか理解してもらえず

 

どうすれば理解してもらえるんだろう?

 

と悩みながらストレスを抱え続ける事でうつ病などになってしまう・・・そんなカサンドラ症候群な人が増えているのです。


TOP アスペルガーの子供 アスペルガーの恋愛結婚 アスペルガーの特徴 アスペルガーの辛さ改善