アスペルガー(ASD)のうつ病やパニックは楽になる

アスペルガー症候群でうつ病やパニックがある

アスペルガー症候群うつ病やパニック障害がある人は決して少なくはありません。

 

私も20代の頃から

 

  • うつ病
  • 心身症
  • 精神不安症
  • パニック障害
  • 過換気症候群(過呼吸)
  • 統合失調症

 

など、様々な病名がついていたのですが、その根本はアスペルガーが原因だと知ったのはつい数年前。40歳を過ぎてからの事でした。

アスペルガーでうつやパニックならセロトニンが大切

これらの辛い症状は自分の精神的な弱さやストレスに対する耐久性の無さが原因だと思っていたのですが、発達障害の人はセロトニンと呼ばれる脳内物質が少ないと知ってから積極的に増やすようにすると驚く程楽になったのです。

自閉症スペクトラムとセロトニンの関係

様々な精神的な病を抱えていた私ですが、セロトニンを増やす事で体が楽になりストレスもかなり軽減していきました。

 

これもきっと、自分がASDだと気づかなかったら改善する方法すら見つける事が出来なかったと思うのですが、食べ物を少し改善したり運動を取り入れたりする事で二次障害がマシになっていったのです。

 

 

セロトニンが欠乏しやすいアスペルガー

 

全ての人がそうかは分かりませんが、定型発達の人でも最近は不眠で悩んでいる人が増えましたよね。

 

これも実は脳内ホルモンと呼ばれるセロトニンが減少していると言われています。

 

そしてアスペなどの障害を抱えている人は生まれた時からこのホルモンを作り出しにくいからか、常にストレスフルで不安を強く感じたりメンタル的に弱かったりしてしまうのでしょう。

 

もし自閉症スペクトラムだと診断され、精神的に辛いのであれば何等かの薬を処方されていると思いますが、SSRIなどの薬はこのセロトニンを増やすための薬。

 

それだけメンタル的な問題には欠かせない物質という事なのです。

セロトニンを増やせばアスペルガーは楽になる

長年、うつ病やパニック障害と戦ってきた私ですが実際に不足しているホルモンのバランスを整え始めると嘘のように楽になっていきました。

 

薬も減り、体調不良も減り、気力やヤル気なんかも取り戻す事が出来たのですが、今では20代の頃よりも元気なくらいに出歩けるまで普通に戻る事が出来たのです。

 

  • ちょっとした食事
  • ちょっとした運動

 

そんな些細な事ですが、それでも積極的に改善しようと思うなら気を付けてみるだけでもかなり違うと感じるはず。

 

発達障害で二次的障害がある人は少なくありませんが、もし精神的に辛い症状があるなら太陽の光を浴びてみたりトリプトファンやビタミンB6を含む食事を心がけてみて下さい。

 

私の場合は年齢的な物もあったからか上手くサプリを飲む事で早く楽になれたのですが、どうしても辛い時はそんな方法もあると知っているだけでも違うのではないでしょうか。

 

アスペルガー症候群は生きているだけでもうつ病やパニック障害など、様々な辛い症状を抱えている場合が少なくありませんが、楽になるポイントはセロトニン!!

 

少しでも不足している分を補うと体に変化を感じるはずですので、一度試してみて下さいね!

ランキング上位の人からアスペルガーを理解してみよう!

アスペルガーに悩んでいる人がここには沢山います
私も色々な人の考え方を勉強しています。


スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



関連ページ

アスペルガーでパニック障害と過呼吸を患っていました
アスペルガー症候群(asd)は常にストレスと戦っています。障害があると知らなくても気付けばにストレスを溜め込み二次障害と言われるうつ病やパニック障害などの様々な精神的な病を患う事があります。私も10数年前パニックと過呼吸を患いましたが今では克服しました。
アスペルガーですがパニック障害を克服しました
アスペルガー症候群(asd)の私は10年ほど前、二次障害と言われるパニック障害と過呼吸を患っていました。かなり辛い期間は5年続きましたが今では殆ど完治しています。私が試した少しでも楽に、そして早く治った方法を書いてみたと思います。
アスペルガー症候群はパニックを起こしやすい
アスペルガー症候群の人はふとした瞬間パニックを起こしやすいのですが、もしパニック障害があればアスペのパニック+パニック障害が同時に起こってしまうようになります。私がパニックを起こした時に一番辛かった事は、それまで一瞬で納まったドキドキが続いた事でした。

TOP アスペルガーの子供 アスペルガーの恋愛結婚 アスペルガーの特徴 アスペルガーの辛さ改善