アスペルガー(ASD)はアスペルガーを好む

アスペルガー症候群はアスペルガーを好む

アスペルガー症候群とアスペルガー・・・確かに好む傾向があるのかもしれません。私は40歳を過ぎて障害を知ったので、過去に付き合った彼が同じ障害だったかは分かりませんが(汗)

アスペウガーはアスペルrガーを好む 

ただ、自分がアスペだと知ってからお付き合いをしている友達はやはり同じ障害を持っているので、理解しやすいと言えるのでしょう。

ASDが同じ発達障害と恋愛をすると

ASDの人は自我を貫く人が多いですよね?

 

そして自分が自我を貫いているとは思っていない場合が多いのですが、定型発達の人からすればかなりわがままに見えているはずです。

 

そんな自分勝手なASD同士が恋愛をすると・・・

 

ある程度合わなければ逆に上手く行かない可能性が高いのではないでしょうか。

 

アスペと言っても誰もが同じ感性や感覚を持っているという訳ではなく、好きな事や嫌いな事は人それぞれ。

 

好きな事がうまく合えば上手く行くのですが、合わない場合は大喧嘩の末別れてしまうなんて事になりかねませんよね(汗)

 

恋愛は定型発達の人と同じなのですが、合う幅が狭いのでどちらかと言えば難しいと言えるのではないでしょうか。

アスペと合うのはADHDの方が良い

発達障害には汎用性発達障害や自閉症スペクトラム、多動性注意欠陥障害や学習障害(LD)があるのですが、全てが同じという訳ではありません。

 

その中でも自閉症スペクトラムは自閉症の仲間

 

だから基本的にはあまり人づきあいが上手くないのが特徴です。

 

自閉症スペクトラムは自分の話したい事だけ話す

 

と良く言われるのが、自分では全くそんなつもりはありません。また、同じ話を繰り返すともいわれますが、興味を持てる事が非常に少ないので話す事がそれ以外にはないのです。

 

普通なら話をしていて相手が楽しんでいるか?を考えながら会話を進めたり辞めたりするのですが、自閉症スペクトラムの人はそれが分からない

 

 

人の話を聞いていないADHD

 

ADHDの人は上手に話しを聞いているように見えて自分の世界に入ってしまう事が得意な人がいます。

 

この場合、自分の事ばかり話している相手と上手く合わせる事が出来るので、案外多動性の人との方が相性が良いのかもしれません。

発達障害同士でも性格や考え方で合う合わないがある

考えてみれば当然の事ですが、似通った趣味があって似通った考え方をする相手とは恋も進展しやすいのではないでしょうか。

 

こだわりが強い障害を持つ人の場合は、物事を点でしかとらえる事が出来ないのですが、この点がうまく合えば良い恋になるのかもしれません。

 

例えば私は歴史の中のとある100年程度が好きなのですが、それ以外は全く興味を持っていません。

 

もしこの100年をピンポイントで好きな人がいれば、きっと会話も弾むだろうし楽しいと思えるのだと思います。

 

しかし今まで生きてきてそのような人と巡り合った事がないので、やはりかなりレアケースなんですよね(汗)

 

  • 同じ共通の狭い趣味が合う
  • ほっておいて欲しいタイミングが合う

 

などがあれば同じ障害でも上手く行く可能性はあるのですが、そもそもあまり人との接点を持たないから出会う事もないし恋愛に進展すらしないのです。

 

アスペルガーが同じ障害を好むと言うよりも、同じ障害だから分かりあえる部分が普通の人よりは少しあるという方が正しいかもしれませんね。

ランキング上位の人からアスペルガーを理解してみよう!

アスペルガーに悩んでいる人がここには沢山います
私も色々な人の考え方を勉強しています。


スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



関連ページ

アスペルガー症候群(asd)の恋愛、結婚の特徴
アスペルガー症候群の恋愛、結婚は、相手への優しさや気遣いがどれだけできるかが大きなポイント。あまり人に興味を持てない自閉症スペクトラムの人にとって、長い時間を一緒に過ごすと当たり前の優しさを忘れてしまい上手く行かなくなってしまうのでしょう。
アスペルガー症候群(asd)は恋愛に依存する
アスペルガー症候群は何事にも依存しやすい傾向にあります。それがアルコールだったりギャンブルだったりと人それぞれですが、恋愛にもかなり依存してしまいがち。そんな依存からどうすれば抜け出す事が出来るのでしょうか。発達障害の私の経験から考えてみたいと思います。
アスペルガー症候群(asd)の恋愛に対する執着
アスペルガー症候群はどのような事でも一つの事に興味を持つとトコトンまで執着をしてしまう傾向にあります。簡単に興味を失う事もないのですが、特に恋愛においては相手に執着しすぎてしまい嫌われてしまう事も多く、辛い恋ばかりを経験している人も多いのです。
アスペルガー症候群(asd)の恋愛は思い込みが激しい
アスペルガー症候群(asd)の恋愛は思い込みが激しいためスムーズに続かない事があります。恋愛に一度失敗すると恋は上手くいかないものと思い込んでしまい恋愛を遠ざけてしまう人もいるのです。思い込みが激しいのはアスペルガーの特徴ですが、視点や考え方を少しずらすと楽になります。
アスペルガー症候群(ASD)の女性の恋愛は少し難しい
アスペルガー症候群(ASD)の女性の恋愛は少し難しいかもしれません。相手の気持ちを理解しにくい発達障害なので、相手の事を理解しなければならない恋愛は苦手な分野。しかし恋愛が出来ない訳ではなく、幾つかの問題点を上手くコントロールすれば問題なく恋は出来るのです。
アスペルガー症候群(asd)の恋愛は続かない事が多い理由
アスペルガー症候群(asd)の恋愛はなかなか上手く行かず続かない事が多いのですが、何故続かないかはアスペルガー本人が気付いていない場合が多いようです。上手く進んでいたと思ったのに突然告げられた別れに理解出来ず、単に恋が下手だと思う事もしばしば。しかし続かないには理由があるのです。
アスペルガー症候群(asd)女性の恋愛は少しだけ男性的
アスペルガー症候群(asd)女性の恋愛は定型発達の女性よりも男性的な部分が多いのですが、それは物事の考え方がハッキリとしているからなのでしょう。自分ではそれ程サバサバしているつもりがなくても相手から見ればアッサリとしているように見え部分が多いようです。
アスペルガー症候群(ASD)に恋愛感情がないと言うけど
アスペルガー症候群(ASD)には恋愛感情がないと思われる事がありますが、厳密に言えばないのではなく普通とは少し異なるというのが正解。相手の気持ち理解しにくいアスペルガーにとって、お互いの気持ちを確認しあう事が苦手なのです。
アスペルガー症候群(ASD)の恋愛傾向は悲観的になりやすい
アスペルガー症候群の恋愛傾向は人それぞれですが、どちらかと言えば悲観的になりやすいようです。幸せを感じている反面大きな不安を併せ持つ事も少なくないのですが、これには幼い頃から人に嫌われた経験があるため自己否定が関係しているのでしょう。
アスペルガー症候群にとって復縁は難しいと感じる
アスペルガー症候群の恋愛で多いのが復縁を考えられるか?という事。一度終わりだと認識してしまうとなかなか復縁を考えにくいのがアスペルガーなのですが、これは決めた事を覆せないという特徴なのかもしれません。アスペルガーと復縁したい人はどうすれば良いのでしょう。
アスペルガー症候群が距離をおくってどういうつもり?
アスペルガー症候群な彼や彼女が突然距離を置く。意味不明な事をされ悩んでいる人は多いのではないでしょうか。嫌いになった訳ではないという言い訳をしながら距離を置くアスペルガー。何を考えているか理解出来ないはずです。では、どうしてアスペルガーは距離をおくのでしょう。

TOP アスペルガーの子供 アスペルガーの恋愛結婚 アスペルガーの特徴 アスペルガーの辛さ改善