アスペルガー(ASD)の二次障害

アスペルガー症候群の二次障害

アスペルガー症候群の人は二次障害を抱えている人が多いのですがそれはストレスを感じて生きているから。

 

アスペルガーはコミュニケーションが出来ない、人と合わせる事が出来ない、自分のこだわりをゆずれないなど、様々な特徴があるのですが全て違和感を感じながら生きているので、二次障害と呼ばれるうつ病やパニック障害を併発している事が少なくありません。

 

コミュニケーションが出来ない事が問題ではなく、コミュニケーションが出来ず周囲におかしいと思われてしまう事に違和感を感じます。

 

アスペルガーと二次障害 

 

しかし自分ではどの部分がおかしいのかが分からず同じ事を繰り返してしまうので、結果的には相手が距離を置いてしまうのです。

 

 

アスペルガーより二次障害が辛い

 

人と合わせる事が出来ないのは、自分のこだわりを強く持っているからなのかもしれません。

 

しかし、自分なりには合しているつもりでも全くチグハグな事を言っている事が多く、周囲から疎外されてしまう事が少なくありません。

 

自分のこだわりをゆずれない事も、自分では正しいと考えている事を素直に話しているだけなのですが、周囲は理解してくれない。

 

こんなように対人面において色々な不具合を感じ精神的な病を抱えてしまうのです。

 

 

アスペな私は人とは違う?という気持ちから二次障害になる

 

学生時代から何となく友達が出来ない事や人と距離がある事に気付いてはいるのですが、社会に出たり結婚を気に「自分はおかしいのではないか?」と言う不安が募ってしまいます。

 

その不安が募った結果、二次障害と言われるうつ病パニック障害過呼吸統合失調症強迫性障害摂食障害睡眠障害フラッシュバック心身症などの様々な精神的問題が生じてしまします。

 

本人が意図せずとも周囲との調和や自分自身の中の違和感によるストレスが大きくなるにつれて発症する可能性の高い二次障害

 

実際二次障害で苦しんでいる方は沢山おられるのですが、私もパニック障害で数年もの間家から出る事が出来なかった経験を持つので、どれだけ苦しい事かが理解出来ます。

 

出来ればあの時には戻りたくないという思いでいますが、残念な事に未だに軽いパニックや過呼吸は時々起こるので、これも上手くお付き合いをしていく症状なのだと割り切っているのです。

 

アスペルガー症候群の問題から派生するこれら二次障害の方が大きな問題となっている事の方が多く、もし何らかの可能性があるなら精神科や心療内科を受診する事をお勧めします。

 

出来れば大人のアスペルガー症候群を取り扱っている病院の方が良いのですが、かなり少ないのでまずは苦しい心の悩みとなる二次障害を解決する為にも、近くの精神科の扉を叩いてみて下さい。

アスペルガー症候群子供で癇癪が激しい子供がいます。お母さんからすれば、アスペルガーの考えている事すら分からず悩んでいるのに、癇癪まで起こされればもうどうして良いか分からないですよね(泣)

アスペルガーで癇癪持ちにおすすめのサプリ 

  • 自分の言いたい事が伝わらない
  • 思っている事を理解してもらえない

 

そんな時に激しくなる事が多いのだと思いますが、サプリを上手く使う事で改善する可能性があるのです。

続きを読む≫ 2017/02/09 16:00:09

アスペルガー症候群密室閉鎖的な空間が苦手なら一度パニック障害を疑ってみてください。アスペルガー症候群だから密室が苦手なのではなく、二次的障害と言われるパニック障害の可能性があるのです。

アスペルガーで密室が苦手ならパニック障害かも 

このパニック障害、酷くなると家からも出る事が出来なくなってしまいます。

続きを読む≫ 2017/02/03 22:53:03

アスペルガーの二次障害摂食障害があります。

 

摂食障害とは過食症や拒食症などと言った「物を食べる事」に関する障害です。

 

何かのきっかけで軽くダイエットを始めた結果摂食障害を発症してしまう事が少なくないのですが、どちらかと言えば心の病を抱えている事が多いのです。

 

アスペルガーと摂食障害 

 

食べる事は生命を維持する事に直接繋がってしまうので、少しでもおかしいと感じたなら精神科や心療内科にかかるようにしましょう。

 

摂食障害に気付かない場合や、病院に行こうとしても拒否する場合もありますが、適切な治療をする事が大切です。

 

 

アスペルガーは二次障害や摂食障害になりやすい

 

特にアスペルガー症候群の障害がある場合はこだわりが強いので、一度食べないと決めてしまうと食べない事も多いはずです。

 

そのため、少し厄介だと言えるのかもしれませんが治療する事でかなり改善するはずです。

 

発達障害そのものではなく、これらの二次障害により必要以上の苦しみを感じている可能性が高いので、思い切って病院に行く事がお勧めです。

 

私は摂食障害になった事はありませんが、パニック障害を自分で治そうとしたため治るまでの期間がかなり長かったのです。

 

そうならない為にも、早目の受診をすれば場少しずつでも改善していくので、まずは心からストレスを取り除く薬を処方してくれる場合もあります。

 

無理し過ぎない事。アスペルガー二次障害頑張り過ぎているという証拠。

 

焦る必要はありませんが、自分の中で起こった1つ1つの出来ごとを客観的に考えてみるのも良さそうです。

続きを読む≫ 2016/04/07 21:00:07

アスペルガーの二次障害フラッシュバックがあります。

 

アスペルガー症候群は嫌な思い出を消す事が苦手だと考えられています。そしてフラッシュバックとは過去の嫌な思い出が今のように感じ苦しんでしまう事。

 

多かれ少なかれこの障害を持っている人はフラッシュバックの経験をした事があるのだと思いますが、辛い思い出や悲しい思い出が突然脳裏をよぎってしまうのです。

 

アスペルガーとフラッシュバック 

 

同じ場所に行った時や同じ言葉を聞いた時など、いつ起こるか分からないのですが一瞬にして過去の記憶を鮮明に思いだし苦しい記憶を再度体験してしまいます。

 

 

アスペルガーの二次障害は幾つもある事も

 

今と過去は違うと打ち消そうとしてもなかなか打ち消す事が出来ないのですが、フラッシュバックが起こる要因にはうつ病などの他の疾患を抱えている場合も少なくありません。

 

やはり専門家に診察してもらうのが一番ですよね。

 

 

アスペルガーは嫌な事を忘れる努力が大切

 

ストレスと付き合わなければならないアスペルガー障害ですが、嫌な思い出を忘れられないのも特徴の1つです。

 

そこに一時的な精神的不安や思ってもいないようなストレスを感じてしまうと、様々な精神的問題を抱えてしまってもおかしくはありません。

 

いつもではなくとも、ふとした瞬間フラッシュバックをしてしまう私は、過去の事それも数十年も前の事にも関わらずイライラしたりする事があります。

 

それが大きな悩みに繋がる事は今の所ありませんが、そこから動けなくなってしまうのであれば問題に繋がる可能性もあるのでしょう。

 

常にストレスを抱え込んでいるアスペルガー症候群なので、少しでも今までと違った症状が現れた時には是非病院に足を運んで下さい。

 

二次障害は早ければ早いほど、治る可能性は高いのですから・・・

続きを読む≫ 2016/04/07 20:58:07

アスペルガーの二次障害パニック障害があります。

 

ある日突然、何の前触れもなく起こるこのパニック障害。私の場合は突然息苦しくなった所から始まりました。

 

その頃はまだアスペルガーだとは知らず、まさかそれが二次障害だとも知りませんでした。

 

しかし一度発作が起こってしまうと同じような場所へは行けず、また、電車に乗る事も出来なくなったのです。

 

アスペルガーとパニック障害 

 

何となくあそこに行くと発作が起こるかもという気持ちが強まり出歩く事が出来なくなる。

 

決して死に至る病ではないのですが、息が出来なくなるような不安や倒れるのではないかというような不安が先走ると発作が起こります。

 

 

アスペルガーに多いパニック障害という二次障害

 

何をきっかけに起こるか分からないので余計に何も出来なくなり、結果引きこもってしまう場合もあるのです。

 

パニック障害もストレスが原因と考えられているのですが、ストレスが関係する事に関してはアスペルガー症候群は殆ど関与しているのかもしれません。

 

ストレスを溜めない事が一番良いのですが、それが難しいからこそ様々な症状が現れてしまうのでしょう。

 

パニック障害は一度発作が襲ってきても数分もすれば元に戻ります。当然病院で検査をしても問題はなく、やはりメンタル的な事が原因になっているのでしょう。

 

 

自閉症スペクトラムと二次障害は上手く付き合う必要がある

 

未だに軽い発作を持っている私ですが、長年付き合ってきているのでどのように過ごせば良いかは有る程度理解しているつもりです。

 

私の場合は心療内科にかかった訳ではなかった為、外出出来るようになるまで5年程の期間が必要でした。

 

しかし早目に精神科や心療内科にかかっていればきっともっと早くに回復していたはずです。

 

一度でもパニック発作が起こった事があるなら、悪化する前に病院に足を運んでみて下さい。

 

アスペルガー症候群ストレスの塊ですが、それでも良い薬が沢山あれば二次障害はかなりましになるはずです。無理をしない事、自分で治そうとしない事。これが大切なのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2016/04/07 20:55:07

アスペルガーの二次障害統合失調症があります。

 

しかし統合失調症は誰もがないやすいと言われており、知らない間に治っている事もあるのです。

 

気付かない事も少なくないこの症状、しかしアスペルガーで長引くなら気をつけなければなりません。

 

アスペルガーと統合失調症 

 

パターンは色々あるのですが、「幻聴が聞こえる」「幻覚が見える」と言った言葉を口にする人が少なくありません。

 

 

アスペルガーの二次障害と言われる統合失調症の辛さ

 

そのため周囲からは変な人だというレッテルを張られてしまう事があるのです。

 

しかしアスペルガー症候群にも聴覚過敏視覚過敏といった感覚過敏がある場合が少なくないので、判断が難しいところ。

 

ヤル気が出ない、覚えられないなどの症状があるなら統合失調症を疑ってみても良いかもしれません。

 

また、この症状にも良い薬が沢山あるので、早目に治療すれば治る可能性もあるのです。

 

外からも内からもストレスを感じているアスペルガー症候群なので、どのような精神疾患が発症してもおかしくはありません。

 

根本的な障害ではなく二次障害少しでも改善する事が、より過ごしやすくなるのだと思うので、自分で気付いたなら早目の受診が大切です。

 

全ての病がアスペルガー症候群だとは言えないかもしれませんが、人よりは可能性が高いと言える障害です。

続きを読む≫ 2016/04/07 20:48:07

アスペルガーの二次障害に強迫性障害があります。

 

強迫性障害は不安な気持ちが抑えられない事や、不安だから行動をしてしまいます。これはアスペルガーの二次障害が原因です。

 

例えば玄関の鍵をかけ忘れた不安を感じると玄関の鍵を確認する、それも一度ではなく何度も何度も同じ行動を繰り返す事も。

 

自分が行った行動が正しいかが不安になり、それを色々な人に聞いてしまう。

アスペルガーと強迫性障害 

このような症状が強迫性障害には多いようですが、アスペルガーにはきついこだわりという特徴があるので似通った要素を持っていると言えるのです。

 

 

アスペルガーか二次障害の強迫性障害か

 

どこまでが障害で、どこからが強迫性障害と決める事は難しいのですが、他の精神的病の可能性もあるのでおかしいと気付いたなら迷わず精神科や心療内科に行く事をお勧めします。

 

どのような精神疾患もストレスが原因になっている事が多いのですが、普通の人よりもストレスを感じてしまいやすいアスペルガー症候群。

 

仕事や日常生活などといった当たり前の日々その物に多くのストレスを抱えているのですから、二次障害が発症してもおかしい事ではありません。

 

しかしアスペルガー症候群と上手く付き合うには精神的な障害とも向き合う必要があるので、障害かどうかを検査する事も大切ですが、それ以外の問題を少しずつ軽減していく必要もあるのでしょう。

 

強迫性障害にも良いお薬が沢山あるので、早目の受診が大切です。

続きを読む≫ 2016/04/07 20:45:07

アスペルガー症候群は二次障害となるうつ病を発症している人がいます。

 

誰もがうつうつしてしまう事があるのですが、時間が経てば普通は忘れてしまい元に戻ります。

 

しかしアスペルガーは問題が解決したにも関わらずいつまでも憂鬱さを感じてしまうのがうつ病の特徴。何故鬱病になるかは分かっていませんが、強いストレスを感じると症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

アスペルガーとうつ病 

 

アスペルガー障害は常にストレスと戦っています。対人面でのストレスから自分の中での理解出来ないストレスなど、ストレスの多い障害だと言えるのでうつ病を引き起こしても決しておかしくはありません。

 

特に人間関係のトラブルを抱えてしまいやすいこの障害は、自分のどこに原因があるか分からないからか、悩み始めると終わりがない事もあります。

 

 

アスペルガーの二次障害(うつ病)は多くの人が抱えている問題

 

自分なりに頑張っているのに受け入れてもらえない事や、人に笑われてしまう事など、障害が原因だと知らなければ益々悩んでしまうのでしょう。

 

どこかで割り切る事が出来れば良いのですが、自分ばかりを責めてしまい結果うつ病を発症してしまう人が少なくありません。

 

しかしうつ病には多くの良い薬が処方されていますので、気鬱さを感じたのなら真っ先に病院に行く事が悪化させない為にも大切です。

 

アスペルガー症候群だと知らない隠れアスペルガーは沢山いますが、問題は障害よりもこの二次障害の方が問題になりやすいのですから、この症状を少しでも軽減しておけばうつ病も大きな問題になる事も少なくなっていくでしょう。

続きを読む≫ 2016/04/07 20:41:07

TOP アスペルガーの子供 アスペルガーの恋愛結婚 アスペルガーの特徴 アスペルガーの辛さ改善