アスペルガー(ASD)はこんな病気です

アスペルガー症候群(ASD)の特徴を知り上手く付き合う方法

私は大人になりアスペルガー症候群(ASD)と診断されました。

 

初めて知った時は驚き落ち込みましたが、色々勉強していくと過去から現在まで辛いと思っていた生活そのものが障害が原因だと知ったのです。

アスペルガーで悩む 

 

昔は男性のアスペルガーが殆どだったそうですが、現代では私のように女性の方にも増えてきたこの障害。

 

それなら上手く付き合っていく方法を考えてみようと決めました。

 

特に人とのコミュニケーションが円滑に出来ないのが特徴ですが、私に友達がいないのも、昔いじめられていたのも全て原因はここ。

 

もっと早くに知っていれば対処が出来たかもしれませんが、大人の発達障害を専門にしている医師が非常に少なく、また薬で治るという物ではありません。

 

 

アスペルガー症候群が苦手な事

 

相手の気持ちが理解出来なかったり、その場の空気が読めなかったり、同じ事を繰り返してしまったり・・・と、問題になるのはやはり人間関係

 

社会生活にとって必要不可欠なスキルが障害により苦手だからか、ストレスを感じてしまい二次障害と言われるうつ病や過呼吸、パニック障害など様々な精神的病を抱えている人も少なくありません。

 

気をつけましょうと医師に言われましたが気をつける部分そのものが分からない私には、本やインターネットそして自分の感情や過去を振り返りながら自分なりに改善出来る方法を探しています。

 

これから永遠に続く障害ですが、この機会にしっかりと自分を見つめようと考えています。

 

最近では夫や妻がアスペルガーで悩むカサンドラ症候群を抱えている方も増えてきました。

 

これもアスペルガーの考え方が上手く伴侶に伝わらず相手を悩ませてしまう事が問題になり、うつ病やパニック障害などの精神的な問題が多いようです。

 

人それぞれ悩みの形は異なるかもしれませんが、発達障害の中の自閉症スペクトラムと呼ばれるアスペルガー症候群を少しでも理解してもらえれば、色々な部分が少しずつ変わるかもしれません。

 

家族や同僚、友達や恋人など、どのような方がこの障害を抱えていても、ポイントが分かればイライラしたり悩む事も減るはず。

アスペルガーは脳の障害 

この障害は脳の障害なのでどうしても自分の力だけでは分からない事や気付かない事が多すぎてしまいます。

 

そのため相手の理解が必要になってしまうのですが、全てを甘えてしまうばかりではなく自分で出来るところは自分で努力し、周囲に理解してもらうところは理解してもらえるよう、積極的にアスペルガー症候群の問題や改善方法を伝えていきたいと思います。

アスペルガー症候群子どもを持つお母さんから頂いたメール。

 

ブログへの掲載許可を頂きましたので、ご本人が特定出来ないよう所々変更し記載したいと思います。

 

 

発達障害支援センターでのIQ検査とウィスク検査

 

息子を発達障害支援センターへ連れていったのはちょうど1年前です。

アスペルガーの子どもをもつお母さんの心配は将来の事

その時にIQ検査、ウィスク?というのもやっていただきました。

 

確かIQは80くらいしかなく、ウィスクの結果もでこぼこで発達障害によくある結果でした。

 

ただ、障害が重くなさそうなのと、息子の性格上もあり、

 

障害よりもできることへ目を向けて生きていけるようにした方がよい

 

と心理士さんに言われ、医者などで正確な検査をすることは辞めました。

 

なので、息子がADHDなのか?アスペルガーなのか、わかりません。

 

主人はかなりアスペルガーぽいと思います。

 

娘も何かありそうです。

 

 

自閉症スペクトラムや発達障害の子どもの未来を考える

 

先日、引きこもりの息子さんを抱える老夫婦の苦悩として将来いくら残したらいいかと専門家に相談する内容の記事を読みました。

 

それに対する世間のツイートが殆ど全て、親が子育てに失敗した結果だと、親を責める内容でした。

 

この息子さんは40歳近かったと思います。

 

この世間の反応に、私はすごく違和感を感じたのです。

 

だって息子がこの歳でこうなったらあとはもうお親にできることってお金を残すことくらいでは?

 

本気で思うのです。我が家の主人の弟はすでにそうです。

 

そうならないために、いま、私は色々努力しているつもりですが、それでも実際どうなるのかなんてわかりません。

 

子供が大人になって、どういう生活をしているか。

 

その結果を見て世間はやはり、親の教育を責めるようにできているんだな、と今の世の中の流れをひしひしと感じました。

 

何かや、誰かのせいにして、それを断罪して・・・

 

人類全て裁判、みたいな世の中になっているんでしょうか。

 

 

ASDやADHDでも生きやすい世の中になるのが理想

 

難しい事かもしれませんが、誰もが生きやすい世の中、過ごしやすい世の中になる・・・

 

一番の理想です。

 

発達障害のみならず、世の中には沢山の障害がありますが、いつの日か少し変わった所があってもそれが個性と言えるような世の中になれば素晴らしいと思います。

 

そのためには障害を持つ当事者が得意な分野を延ばしたり、出来る事を周囲が応援してあげたりと、小さな事でも出来る事は沢山あるのではないでしょうか。

 

アスペルガーの子供を持つお母さんやご両親はやはり将来の事を心配しておられますが、少しでもお役に立てるようなブログを作っていきたいと思います。

アスペルガー症候群は一般的に人嫌いで人付き合いが苦手で友達などとの接点を持とうとしない事が多いのに、恋愛したり結婚したりするのは何故?とご質問を頂きました。

 

人を好きになる感情は定型発達と同じように持っているので、ここはアスペルガーだからという事は関係ありません。

 

しかしやはり疑問ですよね?基本的にアスペな人は一人が良いのに・・・って。

アスペルガーは人嫌いなのに何故恋愛や結婚するの?

という事でまずはどうして恋愛や結婚をしようと思ったか?から書いてみたいと思います。

アスペルガー症候群の人は会話の中に入るのが難しいのは何故?というご質問を頂いたので私なりの考えを書いてみたいと思います。

 

既に会話をしている人達がいるとその輪に入る事がなかなか出来ないのはアスペルガーの特徴なのではないでしょうか。

 

私も人が話しをしていると話しが終わるまで待ってしまうのですがこれは

 

  • 今話しかけたら困るだろうな
  • 話しの腰を折るのは申し訳ないな
  • だったらタイミングがあれば話しかけよう

 

このように考えてしまうからなのですが、きっと定型発達の人は上手くタイミングを掴んで輪の中に入っていく事が出来るのではないでしょうか。

アスペルガーは会話の中に入れない

これはアスペルガー症候群は相手を凝視する特徴がありますに似ているのだと思うのですが、どうも人の間というか空気を読む事が難しい事を自分なりに分かっている、一応アスペなりの気遣いのような物でもあるんですけどね(-_-;)

アスペルガー症候群の感覚過敏の一つに嗅覚過敏と呼ばれるものがあります。

 

とは言っても、定型発達の人でも人が感じない匂いを感じる事もあるので決してアスペルガーだけの症状という訳ではないのですが、どうもこの嗅覚過敏は普通の人よりも感じやすいのではないでしょうか。

 

良い香りの場合は問題ないのですが、臭いにおいの場合もあり、夏場は特に色々なニオイが入交り電車に乗る事が困難になる事も少なくありません。

アスペルガー症候群の嗅覚過敏

アスペな私はそれ程酷いという訳ではないのですが、夏場は電車に乗り続ける事が難しく、30分以上乗る場合は一度途中で降りなければ気分が悪くなってしまう事があります。

アスペルガー症候群(ASD)の人と仕事や習い事など、何等かの形で接点がありその対応で疲れているならカサンドラ症候群になっている可能性があります。

 

とは言ってもカサンドラ症候群は正式名称ではないのですが、アスペルガーに携わる人が不眠やうつ病などの精神的な病を抱えているとこのように呼ばれているのですが・・・

アスペルガーの対応に疲れるカサンドラ症候群

根源はアスペな人と接する事が原因。

 

なので本格的に治そうと思うなら、極力接点を持たないようにする事が大切なのです。

電話聞き取れない女性はもしかするとアスペルガーの可能性があるかもしれません。

 

決して音が聞こえないのではなく、相手が何を話しているかが理解出来ないのですが、もしあなたが同じように電話を聞き取る事が難しいと思うならアスペルガーが潜んでいるのかも!

電話が聞き取れない女性のアスペルガー

ここでは、アスペな人の聞こえた事に対する脳の中身がどのようなイメージかを書いてみたいと思います。

アスペルガー症候群うつ病やパニック障害がある人は決して少なくはありません。

 

私も20代の頃から

 

  • うつ病
  • 心身症
  • 精神不安症
  • パニック障害
  • 過換気症候群(過呼吸)
  • 統合失調症

 

など、様々な病名がついていたのですが、その根本はアスペルガーが原因だと知ったのはつい数年前。40歳を過ぎてからの事でした。

アスペルガーでうつやパニックならセロトニンが大切

これらの辛い症状は自分の精神的な弱さやストレスに対する耐久性の無さが原因だと思っていたのですが、発達障害の人はセロトニンと呼ばれる脳内物質が少ないと知ってから積極的に増やすようにすると驚く程楽になったのです。

アスペルガー症候群の人は視覚過敏を持つ人が少なくないのですが、この過敏さがあると太陽の光はもちろんの事、自宅の電球や灯りが気になる場合も少なくありません。

 

どうしてもアスペルガーの人にとって感覚が過敏になる場面は多いのですが、この視覚過敏があると様々な問題が生じてしまいます。

アスペルガー症候群の視覚過敏で眩しい

例えば・・・

 

雨の日に部屋が暗くなる、しかし電気をつけると眩しすぎる

 

暗いのも苦手なのですが明るすぎるのも苦手で、このような場合私は電気をつけない選択をするのですが、定型発達の人からすると暗すぎるのだそう。

 

他にも、運転している時に感じる太陽の光は誰もが眩しいと感じると思いますが、目が痛くなり運転を一次停止しなければならない事があります。

 

ちょっとした不具合なのですがこれがかなり生活するのに辛く感じてしまう事の一つなのです。

アスペルガー症候群(ASD)の人は味覚過敏がある事が少なくないのですが、この感覚が過敏だと食べられる物と食べられない物が極端で偏食と言われるような食べ方しか出来なくなってしまいます。

 

アスペルガーの私は自分では好き嫌いがあるとは思っていなかったのですが、大人になって自分の食べる物を考えるとかなり好き嫌いが激しい事を知りました。

アスペルガー症候群と味覚過敏

それを知ったのは外食をした時だったのですが、食べる物が毎回同じ。

 

新しい物にチャレンジするという考えなど一切なく、幼稚園の頃から通っている喫茶店でランチをする時は未だに同じ物しか食べる事がないのです。

アスペルガー症候群は大きなカテゴリにすると発達障害という枠に属します。

 

そしてアスペルガー症候群は現在では自閉症スペクトラムと呼ばれ、この中にはアスペルガーと自閉症が入っています。

 

因みに広汎性発達障害(PDD)と自閉症スペクトラムの違いですが、広汎性発達障害は以前に使われていた言葉で現在は自閉症スペクトラムと変更されています。

アスペルガーと発達障害とは

しかし現在でもどちらの診断名も使われているので混乱する事がありますが、基本的には同じだと考えてよいでしょう。

 

そしてこの大きなくくりの発達障害の中には

 

  • アスペルガー症候群(ASD)
  • 自閉症
  • 多動性注意欠陥障害(ADHD)
  • 注意欠陥障害(ADD)
  • 学習障害(LD障害)

 

があります。

 

学習障害だけは少し異なるのですが、それぞれの違いを書いてみたいと思います。


TOP アスペルガーの子供 アスペルガーの恋愛結婚 アスペルガーの特徴 アスペルガーの辛さ改善