アスペルガー(ASD)がじっと見るのは特徴です

凝視して話すのはアスペルガー(ASD)の特徴

アスペルガー症候群には相手の目を見て話すタイプの人と相手から目を逸らして話すタイプの人がいます。

 

今回は目を見て話す人の特徴を考えて見ました。

 

私は相手の目を見て話しをするタイプなのですが、これは幼い頃からそう教わってきたから。当たり前のように相手をしっかりと見つめて話す事が出来ます。

アスペルガーは凝視する 

しかしこのタイプのアスペルガーは一度目と目を合わせて話してしまうと今度はどのタイミングで逸らせば良いかが分からない・・・。

 

今なのか、もう少し後なのか、それが分からず結果相手が逸らしてくれるまで見つめ続けてしまうという事が少なくありません。

アスペルガーのこだわりが特徴になる

些細な部分でもこだわりが見えるアスペルガーの人達。

 

これは相手と話す時の目の場所にも現れていると言えるのでしょう。

 

人の目を診て話す事が決まりになっている人にとって、目を見ずに話す事が出来ないでいるのです。だからしっかりと見る。

 

定型発達の人にとっては何て事のない些細な事なのかもしれませんが、自閉症スペクトラムと呼ばれる発達障害を持っている人からするとタイミングが上手く掴めない大きな問題です。

 

そろそろ逸らした方が良いのは分かっているけど、いつ?が分からない。ここまでというポイントを教わっていないので出来ないでいるのです。

 

 

決まりがないから分からない

 

もし終わりのタイミングを教わっていたなら、きっと上手く逸らす事は出来るはず。しかしそんなタイミングなんて誰も教えてくれるものではありませんよね。

 

自分が習得すればよいだけの事ではあるのですが、ダメだと思う事もあまりないのでなかなか習得が出来ないでいるのです。

 

誰かに示唆されれば勉強する事も出来るのですが、明らかにおかしなムードが漂っていてもどのタイミングが良いか分からない。

 

きっと定型発達の人からすると有り得ないような事で悩んでいると思われてしまうのでしょう。

目を逸らすと目を見ないアスペルガー

そしていざ目を離すと、今度は相手を見る事が出来なくなってしまいます。

 

これも同じで、どのタイミングで見れば良いかが分からないのです。そのため、一度顔を下に向けると話しが終わるまでそのまま

 

余程でない限り今度は相手を見ようとすらしなくなってしまうのです。両極端な特徴がこんな所にも現れてしまうのがasdだと言えるのでしょう。

 

 

相手を見るのではなく凝視する
一旦目を逸らせばタイミングが分からない
そのまま顔を見ず相手を不快にさせてしまう

 

いくつか問題点はあるのですが、やはり丁度良いという匙加減が苦手な発達障害なので見るか見ないか、見ないなら見ない、見るなら見る。

 

そんな両極端な方法でしか出来ないでいるのです。

丁度良いバランスを知ろう

私にとっても課題となっているこの問題。

 

家族と話している時は気にならないのですが、他の人と話しているとかなり気にしながら話すようになりました。

 

そこで気付いたポイントを幾つかご紹介したいと思います。

 

 

相手が目を逸らした時

 

相手が目を逸らした時は自分も逸らすようにする。

 

これは相手の流れに上手く乗るという事ですが、相手のタイミングに合わせるとスムーズに目を逸らす事が出来ます。

 

 

相手が疑問を投げかけた時

 

次に目を合わせるタイミングは相手が疑問を投げかけてきた時です。
「○○ですか?」のような質問は再度目を見て話すきっかけになるので、目を合わせるタイミングを計るならチャンスの時

 

基本的にはこの2つを組み合わせるとスムーズに会話が出来ます。

 

凝視される事が嫌だといわれてしまうアスペルガー症候群。上手くタイミングを合わせて相手に不快な感情を抱かせないよう少し配慮すれば上手くいくはずですよ!

ランキング上位の人からアスペルガーを理解してみよう!

アスペルガーに悩んでいる人がここには沢山います
私も色々な人の考え方を勉強しています。


スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



関連ページ

アスペルガー(ASD)のコミュニケーションの特徴
発達障害に属するアスペルガー症候群はコミュニケーションがとても苦手です。単に嫌いと言うのではなく、コミュニケーションの方法などが分からない事が多く人付き合いを辞める人は少なくありません。この障害のコミュニケーション能力を少しだけ知ってください。
アスペルガー症候群の特徴は人に冗談を言っても真面目
アスペルガー症候群は冗談を言っても真面目に受け答えしてしまいます。これは冗談をそのまま受け入れてしまい冗談だと分からないからなのです。そのため空気が読めずその場を凍りつかせてしまう事があるのですが、そんな特徴を知っておいて下さい。
アスペルガー症候群は空気が読めないのではなく分からない
アスペルガー症候群は空気が読めない人が多いと言われます。空気を読んでいるつもりなのですが読んでいるところが人と違ったり、全く理解出来なかったりと分からない事だらけ。その結果周囲と孤立し悩み続け二次障害を発症してしまう人が少なくないのです。
アスペルガー症候群は独自のルールを持っています
アスペルガーは脳の障害です。幾つかの特徴があり、その1つに「独自のルール」を強く持っている場合があります。そしてこれを周囲の人にも押し付けてしまう傾向があるため、付き合いにくいと言われたりどう接して良いか分からないと言われる事も少なくありません。
アスペルガー症候群は抽象的な言葉が分かりません
アスペルガー症候群は幾つかの特徴があり、その1つに「抽象的な言葉」を理解出来ない場合があります。「あれ」や「それ」と言われてもそれがどれを指すのか分からず間違った事をしてしまう事は少なくありません。極力主語を入れた会話をする事が大切です。
アスペルガー症候群は興味の無い事はしない
アスペルガー症候群は幾つかの特徴があり、その1つに「興味のない事は出来ない」場合があります。好き嫌いが激しく好きな分野は驚く程集中する事が出来るのですが、嫌いな分野は手を付ける事すらしません。興味の対象の幅が非常に狭いのが大きな特徴です。
アスペルガー症候群(ASD)は相手を質問責めにする
アスペルガー症候群は幾つかの特徴があり、その1つに「相手に質問責めにする」場合があります。分からない事を聞いているだけなのですが、分からない事をあれもこれもと質問してしまうので周囲はうんざり。理解したいと言う思いの伝え方が下手なのです。
アスペルガーの診断方法に使われるテストWAIS-V
アスペルガー症候群の診断方法によく使われるWAIS-Vと言うテストをご存知ですか?これは発達障害そのものを検査するのではありませんが、どのような部分が苦手でどのような部分が得意かを調べる事が出来るのです。また、テストの結果から思わぬ事が発見出来る事も!
アスペルガー症候群(asd)は黒い服装ばかりを好む特徴がある
アスペルガー症候群(asd)は黒い服装ばかりを好んで着る傾向が強いのですが、これは感覚過敏や興味のなさが影響しているのかもしれません。いつもと同じ事を好む自閉症スペクトラムな人にとって日々の洋服の色が変わるのが苦手だと言うのも理由なのでしょう。
アスペルガーに気持ちを理解するよう話しても理解出来ない
アスペルガー症候群(asd)は自閉症スペクトラムと呼ばれる障害なのですが、相手の気持ちが非常に理解しにくい障害です。決して相手の事を考えていない訳ではないのですが、相手が求めるような答えが何か分からない。だから人とのコミュニケーションが出来ないと言われるのです。
アスペルガー症候群のWAIS-Vの間違い探しは難題
アスペルガー症候群を診断するWAIS-Vという検査があります。これは知能検査なのですがどのような部分に偏りがあるかがよく分かります。偏る場所によって得手不得手は異なりますが、状況判断が苦手だったり前後が繋がりにくい発達障害の人は、その中でも間違い探しを難しく感じる事があるようです。
アスペルガー症候群の行動力はかなり優れた力がある
アスペルガー症候群の行動力はかなり優れた力を持っています。自分がこれだ!と思った事を見つけると一直線に進める自閉症スペクトラムな人達。これらの行動力が良い方向に繋がった時、この障害を有意義に使う事が出来るのでしょう。良い力を最大限に活かす!これが発達障害を持つ人には大切です。
アスペルガー症候群の趣味は続くと仕事に繋がる
アスペルガー症候群(asd)の趣味は継続していくと仕事に繋がる可能性を持っています。普通ならそれは単なる趣味や遊びとしてしか考えられないような事でも立派に仕事として成立させる事が出来るのは、自閉症スペクトラムだからなのかもしれません。発達障害だと悩むのではなく、自分が出来る事を見つけてみて下さい。
アスペルガー症候群の断り方の特徴(人に誘われた場合)
アスペルガー症候群(asd)は人に誘われるとそっけなく断ってしまう事が少なくないのですが、これは相手に嫌われてしまう要因になっているのをご存知ですか?断る事は非常に難しい事ですが、相手に嫌な気持ちをさせずに断る方法を知っていれば社会面ではかなり有利になってくるはずです。
アスペルガー症候群の特徴は過集中になりやすい
アスペルガー症候群(ASD)の特徴の一つに過集中と言われるものがあります。これは集中し始めると他の事が一切見えなくなる状態。時間を忘れて集中するだけなら問題はありませんが、お手洗いや食事など生きていくのに必要な事も忘れてしまうほどの集中力があるのですが、問題はその後にあるようです。
アスペルガー症候群の特徴は時間をきっちり守る
アスペルガー症候群(ASD)は決まりに従う事が得意なので時間を守るという特徴があります。これは決められた時間から外れる事が出来ないからなのですが、時には時間にルーズだと言われる事も。興味が他にあると1つの事に集中してしまうからか、それ以外の事がスッカリ頭から抜けてしまう事があるのです。
アスペルガー症候群の特徴は頭の中がいつもパニック
アスペルガー症候群(ASD)はいつも何かを考えているという特徴を持っています。物事を順序立てて考える事が苦手な障害なので、手際が悪いのを少しでも改善するためなのかもしれません。そのため、ふと話しかけられても聞き取れず聞き返してしまう事や聞こえず返事をしない事があるのでしょう。
アスペルガー症候群(asd)は数字が得意でも7や8が苦手
アスペルガー症候群(asd)の人は数字が得意な人が多いのですが、私は変な所が苦手なのです。それは7や8という数字が絡むこと。これらの数字が絡んだ計算が非常に苦手で大人になった今でも指を使って計算しなければ出来ないのです。
メモが取れないのもアスペルガー症候群(asd)の特徴です
アスペルガー症候群(asd)で耳から入る言葉を脳が上手く処理できず覚えられない人がいるのですが、そんな人はメモを取るようにすると良いらしい・・・と聞きメモを取るようになりました。しかし覚えるためのメモを取る事も実は難しいのです。
アスペルガー症候群(ASD)から見た定型発達の人たち
アスペルガー症候群(asd)は発達障害、そして普通の人は定型発達と呼ばれているのですがアスペルガーがどのように普通の人を見ているかご存知ですか?お互い違う事は知っていてもここが違う!という事を発達障害の目線で考えてみたいと思います。少し変な見方かもしれませんが、実はこう思っているのです。
アスペルガー症候群(ASD)の特徴は時々頭がパニックになる
アスペルガー症候群(asd)の特徴の一つに、頭がパニックになるという事があります。自分で決めた決まりが突然変えられたり、考えていた通りに物事が進まないと思考回路が停止したようになりパニックに陥ります。新しい事を瞬時に受け入れられない、そんな特徴があるのです。
アスペルガー症候群(ASD)とは思えないアスペルガーな人
アスペルガー症候群(ASD)は脳の機能性障害ですが知的能力には問題がないため見た目で分かる障害ではありません。一見普通に見えるのに話してみると何かがおかしい・・・、そんな人が多く大人になるまで自分に障害があるという事すら知らずに過ごしてきている大人のアスペルガーは沢山いるのです。
アスペルガー症候群(ASD)は真面目すぎる考え方をする
アスペルガー症候群(asd)はかなり真面目な人が多いのですが、これは嘘がつけないから。冗談を冗談だとは思いつかず真面目な返答をし空気を乱してしまったり、誤りを訂正してしまう事も。自分の中で正しいと思う事しか出来ない人達なので、一緒にいると面白みがないと思われてしますのです。
アスペルガー症候群(ASD)は人と話すのが面倒で孤立する
アスペルガー症候群(asd)の人はあまり人と話す事が得意ではありません。話せないのではなく何を話して良いか?が分からなかったり、人に対しての気遣いが面倒だったりと、円滑に対人関係を築けない傾向にあります。特徴と言えば特徴ですが、それが原因で孤立する事が少なくありません。
真性アスペルガー(ASD)と隠れアスペルガー症候群の特徴
アスペルガー症候群(ASD)という言葉を耳にする機会が増えましたが、真性アスペルガー症候群と隠れアスペルガー症候群の二種類に分ける事が出来ます。見た目だけでは分からない発達障害、どのようなら障害でどのようならグレーゾーンなのかを考えてみたいと思います。
アスペルガー症候群(ASD)は同じ服装ばかりを好む傾向がある
アスペルガー症候群(asd)の服装はいつも似たものばかり。どうも同じ服装ばかりを好む傾向にあるのですが、これはアスペルガーの感覚過敏が関わっている可能性が高いのです。新しい物を好まず同じ物を好む発達障害の人達。何故いつも同じ服装ばかりを好んで選んでしまうのか?を考えてみたいと思います。
アスペルガー症候群(ASD)は接客業や営業が出来るのでしょうか
アスペルガー症候群(asd)は相手の気持ちが理解しにくい障害なのですが、それでも接客業や営業職をしている人は沢山います。決して出来ない出来ない仕事ではないようですが、マニュアル通りには出来ない可能性大。独自の考え方が受け入れられる事もあるので障害があっても出来る人とで似ない人がいるのでしょう。
アスペルガー症候群(ASD)は話したい事が整理できない
アスペルガー症候群(asd)は思いついて話そうとしても頭の中が整理されず、結果話したい事が話せなくなってしまう事があります。突然の出来事に対処出来なかったり、途中変更にとまどっったりと頭の中がスムーズに整理されないのは発達障害が影響しているのでしょう。
アスペルガー症候群(ASD)は物事を順序だてて考える
アスペルガー症候群(asd)は物事を順序だてて考えなければ行動する事が出来ないのですが、逆に全く順序だてて考える事が出来ず好き勝手に行動してしまう事もあります。思い立っての行動は周囲に迷惑をかけてしまう事も多く極力控えたいところ。しかし自分ではそれが問題だとは気付いていないのです。
自分から会話の中に入れないアスペルガー症候群(ASD)
アスペルガー症候群の人は自ら積極的に輪の中に入るという事が非常に苦手です。どのタイミングで入れば良いのか?どう言って入れば良いのかが分からないからなのです。ASDには多い特徴なのですが何故か?を考えてみました。

TOP アスペルガーの子供 アスペルガーの恋愛結婚 アスペルガーの特徴 アスペルガーの辛さ改善