チック症(トゥレット症候群)とアスペルガー(ASD)

チック症やトウレット症候群はアスペルガー(ASD)だと併発しやすい

チック症やトゥレット症候群アスペルガー症候群(ASD)の人に多い症状なのですが、私も実は子供の頃からチック症があり大人になった今でも変わらず共に共存してます。

チック症(トゥレット症候群)とアスペルガー(ASD) 

チック症の症状は声を出したり口や鼻を鳴らしたりする音声チックから、足を蹴ったりビートたけしさんのように肩を動かしたりと行動に出るなど様々。

 

そして音と行動の二つが同時に出てしまい、それが1年以上続いた場合をトゥレット障害と呼びます。

 

子供の頃から大人になるまで継続して続いていると上手く付き合う事も出来ない訳ではないのですが、ストレスが溜まりすぎると自分では抑えられなくなってしまいます。電車の中や人混みで人の目が気になるのに抑えられないのは結構辛いのです。

チック症とアスペルガーは脳の機能性障害

アスペルガーもチックも脳の機能性障害なので、発達障害がある人はどちらも併せ持っている事が少なくありません。

 

自閉症スペクトラムは普段からストレスが溜まりやすい、そしてチックもストレスが酷くなると症状も酷くなる・・・

 

似たような部分がちょっと発達しきれてないようなイメージでしょうか?

 

だからか、自閉症スペクトラムや発達障害の人に多いと言われているのです。

 

私の知っている自閉症の男の子も子供の頃からチックがあるので、やはり障害があると併発する可能性が高いのでしょう。

子供のチックは一過性の場合が多い

子供の頃は経験した事のない場面に出くわしたり、心が成長する段階だったりするので症状が出ている子供は少なくありません。定型発達ならあまり心配する必要はないはず。

 

単なる癖かな!?程度にしか出ない事も多いので、それ程気にならないなら放置していても1年程度で治ってしまいます。問題は酷くなってくる場合・・・

 

発達障害同様、治療をして治るという症状ではないのですが精神的なバランスが崩れていたりストレスが溜まっていると酷くなるので、その場合はお医者さんに行ってみましょう。

チック症は自分では抑えられない

音を出したり行動で出たりと、周囲から見るとかなり変な目で見られてしまう事もあるのですが、本人が抑えたくても抑えられない厄介な症状。

 

  • 鼻を鳴らす
  • 口を鳴らす
  • 突然言葉を発する
  • ジャンプする
  • 足で蹴る

 

様々な症状があり、音と行動の二つを伴うとトゥレット症候群と呼ばれチックよりも酷い症状となります。

 

それでもストレスが少ない場合は抑えられる事も出来るのです(←私が経験済み)が、ストレスがマックスになると抑える事はまず無理。

 

だからチックやトゥレットの症状があるなら、そしてアスペルガーも持っているなら、極力ストレスを溜めないような生活を心がけたいものです。

発達障害の家族や子供の家庭に!健康増進と予防改善するならこちら




スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



ランキング上位の人からアスペルガーを理解してみよう!

アスペルガーに悩んでいる人がここには沢山います
私も色々な人の考え方を勉強しています。

関連ページ

アスペルガー症候群(asd)とトゥレット障害(チック)の発達障害
アスペルガー症候群(asd)とトゥレット障害(チック)を持って生まれてきた私。アスペルガーは大人になってから気づきましたがチックはかなり幼い頃から気付いていました。どちらの発達障害もストレスが要となっているのですが関連を考えてみましょう。
アスペルガー症候群(asd)と吃音(どもり)の発達障害
アスペルガー症候群(asd)と吃音(どもり)を私は持っているのですが、発達障害がる人は私と同じように幾つかの障害をあわせ持っている場合があります。普通とは少し異なった自閉症スペクトラムな人たち。色々なところで気付かない間にもストレスを感じているのでしょう。
アスペルガー症候群以外の発達障害について
アスペルガー症候群は発達障害というカテゴリなのですが、その中には多動性注意欠陥障害と呼ばれるADHDや学習障害と言われるLD障害、他にも自閉症スペクトラムに入る自閉症など様々な障害があります。アスペルガーを筆頭にどのような障害があるかを書いてみたいと思います。

TOP アスペルガーの子供 アスペルガーの恋愛結婚 アスペルガーの特徴 アスペルガーの辛さ改善