アスペルガー(ASD)とトゥレット障害

アスペルガーとトウレット障害(チック症)

アスペルガー症候群(asd)とトゥレット障害(チック)を持って生まれてきた私ですが、幼い頃はアスペルガーには気付かず、気付いたのは大人になってから。

 

しかしトゥレット障害(チック症)はかなり子供の頃から気付いており、チックが酷くなるとよく小児針に通っていました。

 

アスペルガーよりも表に出やすい障害だからか両親も早くに気付いたからなのでしょう。

アスペルガーとチック症 

そんな発達障害を持っている私。

 

実は他にも吃音も持っているので実は3つの発達障害を持って生まれてきたのです。

アスペルガーとトゥレット、どちらもストレス

アスペルガーは自分が知らない間にストレスを溜めてしまう障害です。

 

人間関係がスムーズに進まない事にもストレスは感じるのですが、自分の中で出来る事と出来ない事の差が激しく知らない間でもストレスを溜め込んでしまいます。

 

そしてトゥレットはストレスが溜まると言葉や行動に出るのですが、鼻を鳴らしたり、首を傾げたり、口を鳴らしたり・・・

 

とその症状の出方は人それぞれ。しかしストレスが溜まり始めると強く出始めるので、自分のストレスチェックにもなっているのです。

 

 

アスペルガーはストレスが多い

 

定型発達の人以上にストレスを溜め込んでしまいやすい自閉症スペクトラムの人にとって、チックが出るのは仕方のない事だと私は考えています。

 

ストレスは定型発達の人でも発達障害の人でもある物なのですが、気付かない部分で半端なく感じているのかもしれません。

 

例えば私は耳から入る言葉を脳が上手く処理できないのですが、脳が処理出来ていない事は自分では分かりません。

 

分からなくても出来ない事を知っているので小さなストレスが溜まるのです。

 

自閉症スペクトラムの人はこんな小さなストレスが沢山。そしてこれが溜まりすぎるとチックとして表に出てしまいます。

ストレスを上手く発散するには

基本的に好きな事をするのが一番良いのですが、ASDの人はあまり好きな事ってないんですよね。

 

興味の幅がかなり狭いので仕方がないのですが、私が今まで試した事で効果があったと感じられた事は

 

湯船にゆっくりつかる

 

お風呂にリラックス効果があるのは聞いた事があるのではないでしょうか。

 

一人でゆっくりとした時間を過ごす事が出来る空間と、体が温まる事で自律神経のバランスが整います。

 

私は嗅覚過敏があるので温泉の元などの香りが苦手なのですが、もし好きな香りがあればよりリラックス出来るはずです。

 

文字を書く

 

文字を書くと言っても頭で考えながら書くのではなく、どちらかと言えばなぞる方が無心になれるので良い。

 

般若心経や大祓詞などであればどこでも用紙を購入出来るので、無心になって文字を写す・・・時間があるならかなりおすすめです。

 

時間を気にせず好きな事をする

 

好きな事をしてもどうしても時間という制約がストレスになってしまいますよね。

 

なので月に1度や2ヶ月に1度、時間を気にせず好きな事に没頭する時間を作ってみてください。

 

何にも縛られないと言う思いで好きな事をすればはかなりストレスを軽減させてくれます。

どのような障害も自分次第

定型発達の人とは異なり、たとえ軽度でも発達障害があると普通ではない部分が沢山あります。

 

しかしその障害を悲観しても何も答えは見つかりません。そうではなく、それら全てを自分が受け入れ自分なりの生き方を見つける事が大切です。

 

普通と言われるマニュアルが使えないアスペルガー症候群なのですから、自分でマニュアルを作らなければなりません。

 

出来ない事を探すのではなく出来るところを探す、そしてそこから物事を組み立てていく。

 

これが出来れば障害があっても上手く乗り越えられる事が多いのです!

発達障害の家族や子供の家庭に!健康増進と予防改善するならこちら




スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



ランキング上位の人からアスペルガーを理解してみよう!

アスペルガーに悩んでいる人がここには沢山います
私も色々な人の考え方を勉強しています。

関連ページ

チック症(トゥレット障害)はアスペルガーに多い
チック症(トゥレット障害)と呼ばれるクセのような症状をご存知でしょうか?そしてアスペルガー症候群の人は併発している事が多いのです。子供の一過性のものから大人になっても治らないなど、自分でもどうする事も出来ない症状に悩んでいる人は少なくありません。
アスペルガー症候群(asd)と吃音(どもり)の発達障害
アスペルガー症候群(asd)と吃音(どもり)を私は持っているのですが、発達障害がる人は私と同じように幾つかの障害をあわせ持っている場合があります。普通とは少し異なった自閉症スペクトラムな人たち。色々なところで気付かない間にもストレスを感じているのでしょう。
アスペルガー症候群以外の発達障害について
アスペルガー症候群は発達障害というカテゴリなのですが、その中には多動性注意欠陥障害と呼ばれるADHDや学習障害と言われるLD障害、他にも自閉症スペクトラムに入る自閉症など様々な障害があります。アスペルガーを筆頭にどのような障害があるかを書いてみたいと思います。

TOP アスペルガーの子供 アスペルガーの恋愛結婚 アスペルガーの特徴 アスペルガーの辛さ改善