アスペルガー(ASD)と強迫性障害

アスペルガーの二次障害(強迫性障害)

アスペルガーの二次障害に強迫性障害があります。

 

強迫性障害は不安な気持ちが抑えられない事や、不安だから行動をしてしまいます。これはアスペルガーの二次障害が原因です。

 

例えば玄関の鍵をかけ忘れた不安を感じると玄関の鍵を確認する、それも一度ではなく何度も何度も同じ行動を繰り返す事も。

 

自分が行った行動が正しいかが不安になり、それを色々な人に聞いてしまう。

アスペルガーと強迫性障害 

このような症状が強迫性障害には多いようですが、アスペルガーにはきついこだわりという特徴があるので似通った要素を持っていると言えるのです。

 

 

アスペルガーか二次障害の強迫性障害か

 

どこまでが障害で、どこからが強迫性障害と決める事は難しいのですが、他の精神的病の可能性もあるのでおかしいと気付いたなら迷わず精神科や心療内科に行く事をお勧めします。

 

どのような精神疾患もストレスが原因になっている事が多いのですが、普通の人よりもストレスを感じてしまいやすいアスペルガー症候群。

 

仕事や日常生活などといった当たり前の日々その物に多くのストレスを抱えているのですから、二次障害が発症してもおかしい事ではありません。

 

しかしアスペルガー症候群と上手く付き合うには精神的な障害とも向き合う必要があるので、障害かどうかを検査する事も大切ですが、それ以外の問題を少しずつ軽減していく必要もあるのでしょう。

 

強迫性障害にも良いお薬が沢山あるので、早目の受診が大切です。

発達障害の家族や子供の家庭に!健康増進と予防改善するならこちら




スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



ランキング上位の人からアスペルガーを理解してみよう!

アスペルガーに悩んでいる人がここには沢山います
私も色々な人の考え方を勉強しています。

関連ページ

アスペルガーの二次障害(鬱病)
アスペルガー症候群は二次障害と言われる症状を持つ人が少なくありません。うつ病、パニック障害などの精神疾患を患い、アスペルガーの問題以上に悩んでしまう事があります。二次障害を知る事も大切です。
アスペルガーの二次障害(統合失調症)
アスペルガー症候群は二次障害と言われる症状を持つ人が少なくありません。うつ病、統合失調症などの精神疾患を患い、アスペルガーの問題以上に悩んでしまう事があります。二次障害を知る事も大切です。
アスペルガーの二次障害(パニック障害)
アスペルガー症候群はパニック障害と呼ばれる精神疾患を患う事があるのですが、これはアスペルガーの二次障害の一つ。私も過去にパニック障害を起こし家から出る事が出来なくなった経験があるのですが、障害を抱えている人は様々なメンタルの問題を抱えているのです。
アスペルガーの二次障害(フラッシュバック)
アスペルガー症候群は二次障害と言われる症状を持つ人が少なくありません。うつ病、フラッシュバックなどの精神疾患を患い、アスペルガーの問題以上に悩んでしまう事があります。二次障害を知る事も大切です。
アスペルガーの二次障害(摂食障害)
アスペルガー症候群は二次障害と言われる症状を持つ人が少なくありません。うつ病、摂食障害などの精神疾患を患い、アスペルガーの問題以上に悩んでしまう事があります。二次障害を知る事も大切です。
アスペルガーで密室が苦手なのはパニック障害
アスペルガー症候群には二次的障害と呼ばれる症状が出る事が少なくありません。その中でも密室や閉鎖的な空間が苦手なのはアスペルガーだからではなくパニック障害が原因になっている場合があります。この障害は非常に苦しく、酷くなると家から出られなくなってしまうのです。
癇癪持ちのアスペルガーな子供に良いサプリ
アスペルガー症候群は様々な二次障害を併発する事があるのですが癇癪を起すのも特徴の一つ。大人でもかなり癇癪持ちが多いのですが、子供は自分の伝えたい事や分かってほしい事がなかなか伝わらず癇癪を起してしまうのです。そんな症状を和らげるサプリをご紹介します。
アスペルガー症候群(ASD)の治療
大人のアスペルガー症候群は治療する方法がありません。しかし常にストレスを感じる障害でもあるので二次障害と言われるうつ病やパニック障害などを発症している場合があります。アスペルガーではなくそれらを治療する事で生きやすくなる方法もあるのです。

TOP アスペルガーの子供 アスペルガーの恋愛結婚 アスペルガーの特徴 アスペルガーの辛さ改善