アスペルガー症候群の中学生時代

アスペルガー症候群の子供(中学生)が思う学校生活の苦しさ

アスペルガー症候群の私は中学生に上がりました。小学生からそのまま上がれるので学年の三分の一程度は同じ顔ですが、小学校とは異なり一番楽しかった学生生活を過ごせたのはこの中学生の時。

 

何が変わったかは分からないのですが、かなり自分らしさを出す事が出来たので楽に過ごせたように思います。そしてこの時期から初めて友達と呼べる人が現れました。

 

アスペルガーな中学生生活 

 

ただやはり友達という関係を長く継続させる事は私には難しく、1年経たずに離れてしまいます。そのため中学生の時の友達は2人。

 

沢山の友達が作れない事は変わりなく、皆の輪の中に入れないのも同じ

 

幼少期で人付き合いが出来ないといった思考回路が出来上がってしまうのかもしれませんが、同時に2人とは仲良く出来ない私。そしてこれは今でも続いています。

アスペ中学1年生が学生時代で一番楽しい思い出がある時期でした

自分では窮屈だとは感じていなかった小学校生活ですが、思っている以上に辛かったのかもしれません。中学校に上がり弾けてしまった私は入った当初から彼氏も友達も出来、

 

「学校ってこんなに楽しいの!!」

 

と初めて知りました。

 

毎日毎日学校に行く事が楽しみで風邪を引いてもさっさと治して学校に行くほど。私自身も自分らしさを正直に出す事が出来たからか、この時から毒舌家だといわれていました。

 

偉そうで上から目線で毒舌家(笑)そのため一つ上の学年から目をつけられ呼び出される事しばしば。それでも男性の先輩には可愛がってもらったので大事にはなりませんでした。

 

友達との楽しみを見つけられる

 

1人の友達と毎日多くの話をしたのはこれが初めて。これだけの時間を一緒に過ごせる人がいると学校がこれだけ楽しくなると知った私ですが、同時に2人の人と仲良く出来ないのは変わりません。

 

それが彼氏でも同じで、この頃の私は愛情より友情を大切にしていたからか別れとお付き合いを繰り返していました。淡い恋ですが・・・

 

そんな楽しい時間はいつまでも続きません。中学1年の二学期当たりから雲行きが怪しくなり、結局三学期にはその友達とは疎遠に。

 

別に喧嘩をしたという訳ではないのですが、お互い距離を置くようになってしまったのです。

 

気付いたんですかね、私が少し他とは異なるって事を。そこから中学校生活は楽しいではなく当たり前の日常に変わっていったのです。

アスペ中学2年生は中途半端だったからかあまり記憶の残らない時期

友達と言うような友達がいない中、2年生に上がった私。

 

しかし無視をされるほど嫌われている訳ではないので、それなりに話す友達はいました。クラス代えもあり新たな顔ぶれの中に何となく仲良くなれそうな子が一人。

 

2学期あたりからその子とは仲良くなり始め高校1年の頃まで一緒に遊びました。今から考えると大人しい部類に入るその子はかなり我慢して友達をしていてくれたのでしょう。

 

この時期はこれと言った問題もなかったからか、思い出そうとしても何も思い出せない。私にとって普通に過ごせた時期だったのかもしれません。

アスペ中学3年生はストレスからか大人の階段を上り始めました

何事もなく過ぎ去った2年生の後半頃から反抗期?のような物が出始めたのでしょう。タバコを吸い始めたのはこの頃。そして学校では禁止されているパーマや毛染めもこの頃から激しくなってきました。

 

ここら辺ではお嬢様学校として有名な私立だったのですが、金髪にグリグリパーマの私はかなり目立つ存在。母が何度も呼び出されたのもこの時期当たりからです。

 

アスペルガーが嫌われるのは学生の時から当たり前でした

 

中学と高校は同じ敷地内にあり高校生の先輩と普通に話す事が出来ます。少し異質な私は年上の男性の先輩に可愛がってもらっていたのですが、それが気に入らない年上の女性の先輩からはかなり嫌われていました。

 

しかしふてぶてしい私なので誰も何も言ってはこず、嫌な思い出が全くない3年生です。友達は1人、彼氏は1人、何となく楽しく過ごしていく内に高校生へと進みます。

 

小学生の時とは異なり自分の居場所を見つけた中学生時代。居心地が良かったとまでは言えないかもしれませんが、嫌で仕方なかった場所ではありません。

 

いかにその場所で過ごしていくか?は人付き合いがポイントとなる事が多いのが伺えます。人と一緒に何かをしたい訳ではありませんが、しっかりと自分を表に出し、それなりに上手く付き合う事が出来ればアスペルガー症候群でも嫌な場所ではなくなると言う勉強が出来た場所だったようです。

発達障害の家族や子供の家庭に!健康増進と予防改善するならこちら




スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



ランキング上位の人からアスペルガーを理解してみよう!

アスペルガーに悩んでいる人がここには沢山います
私も色々な人の考え方を勉強しています。

関連ページ

アスペルガー症候群の子供(小学生)が思う学校生活の苦しさ
アスペルガー症候群の私の小学生時代を思い出すと友達と楽しく遊んだ事は皆無。自分が好きな事を頑張った記憶や嫌なだった事しか思い出す事がありません。そんな時にアスペルガーだと気付いてもらえてたなら、きっともっと楽しい小学生生活を過ごせたのだと思います。
アスペルガー症候群の子供(高校生)が思う学校生活の苦しさ
アスペルガー症候群の私の高校生時代を思い出すと、嫌いだった小学校、それなりに楽しかった中学校、そして学校に楽しみがなかった高校になってしまいました。虐められる事はなくなりましたが行く価値を感じる事が出来なかった私は、不良の仲間入りをしたのです。
アスペルガーの子供を持つお母さんの心配は将来の事
アスペルガー症候群の子供を持つお母さんから頂いた一通のメール。発達障害の子供を持つと心配は子どもが大人になってからの事なのではないでしょうか。ブログの掲載許可を頂いたので、自閉症スペクトラムやADHDのお子様をお持ちの方の参考になれば幸いです。

TOP アスペルガーの子供 アスペルガーの恋愛結婚 アスペルガーの特徴 アスペルガーの辛さ改善